美容に対する意識は早ければ早いほど大人への道に近づく

恋の力で女の子はきれいになる

とあるときにふと思いつきました。自分はいつからこんなに化粧をするようになったのか、と。それは高校二年生の夏でした。新しい一年生が当時所属していた部活に入ってきて、新部長として新入生と一人ひとり関わるようになりました。そんな中、一人の男の子と仲良くなりました。彼と会う回数を重ねることつれて、自分は彼からきれいに思われたい一心で化粧をしはじめたのが始まりでした。今思えば、恋の始まりで女の子はきれいになるという言葉は、まさのその通りだと感じました。女性のみなさんはそんな経験ありますでしょうか。

美意識と化粧と恋愛の関係

そして大学一年生になりました。周囲からよく大人っぽいだの、姉さん的存在になったいることに気づきました。外見にも内面的にも、実年齢よりも上に見えるらしいです。親友に聞いてみたところ、自分の美容に対する意識、化粧の慣れ具合、恋愛の経験から、今の自分があるのだと言われました。美意識と化粧と恋愛の三比例は恐るべきものだと痛感しながらも、実に筋の通った理論であるとも実感しました。そんな自分がこだわるのはやはり美容なのです。だがしかし、若いころにきにかけるべき美容とは何なのか。

若い自分の気にかける美容

大学一年生にして、気にかける美容はそもそも必要なのか。不必要な人もいれば、必要な人もいます。自分は毎日化粧をするので、そのケアとして美容に欠かさず目を向けています。まず洗顔は朝晩し、洗顔のあとは化粧水、保湿クリーム、そのあとに化粧を施します。帰宅してからは、化粧落としで化粧を落として、洗顔をし、化粧水で顔を整えたら、フェイスパックをして、肌の調子を整えます。そうすれば、化粧する前と後のケアが完璧です。

品川美容外科の訴訟まとめサイト